幼稚園グッズを手作りするなんて難易度高いことできません

なのに周囲の人達はうちは手作りしたよ?と言ってきます。子供が寝てからつくったとか言うママもいましたけどそんなことしたら本当に朝起きてから寝るまで子供のためだけに生きてるじゃないですか。私だったら気が狂ってしまいます。

なので市販の商品を買うことにしたんですがそれだけじゃ寂しいのでワッペンとかアクセサリーをつけようかなと手芸用品を売っているお店に行ったんですよ。そうしたら混雑しすぎてくたびれました。商品を探すのも大変だしレジは並んでいるし、というか服とかバッグとか手作りする人ってこんなにいるんだな。器用だなーとびっくりしました。

真剣に生地を選んだりしている人とかいましたね。私なんていくら見ても材質とかそういうものがまったくわからないので適当に買っちゃうんですけど、本当に悩みながら商品見ている人を発見してはもしかして裁縫がめちゃくちゃできる人なのかなとドキドキしました。

布からサクッと服つくれちゃう人ってかっこいいですもんね。浴衣とかつくれる人本当尊敬しています。キャッシング 即日

「ピアニスト大滝さん千手小で演奏会、優雅な旋律で後輩を魅了」というニュースを見て

新潟県長岡市出身のピアニスト、大滝拓哉さんの演奏会が母校の千手小学校で開かれた、というニュースを見ました。最初私は、大見出しの「ピアニスト大滝さん」だけ見て、女性のピアニストだと思ってしまったので、演奏している写真を見て「アレ、男性だった」となった次第です。
この出来事から、「思い込み」を利用したあるナゾナゾを思い出しました。皆さんもご存じかもしれませんが、それはこういうものです。お父さんが息子と一緒に外出中に、交通事故に遭うんですね。お父さんは即死で、子供は重傷を負ってしまいました。病院に運ばれた子供は、緊急手術を受けることになり手術台に寝かされます。手術室に入って来た外科医は、手術台に寝かされた子供を見て言いました。「私には手術をすることはできない。なぜなら、これは私の子だから。」さて、この外科医と子供の関係はいったい何?
このナゾナゾを聞いた時、一緒にいた職場の同僚たちは、色んなケースを考えて答えを絞り出していました。でも、正解は単純で「外科医は女性で、子供の母親だった」というものです。外科医というと、なんとなく男性だと決めつけてしまっていませんか?最近では「ドクターx」のようなドラマが人気で、女医さんも増えて来ているのでしょうけど、外科医というと、やはり男性優位のような気がします。このナゾナゾの出所はアメリカらしいのですが、女性の社会進出が日本より進んでいるはずのアメリカでもこういう謎解きが成立するということは、女性の地位向上はまだまだ発展途上にあるという証拠でしょうね。
以上、自分の思い込みに気付かされたニュースを見ての個人的な思い出話をお届けしました。

小さくて丸いものはプチトマト?姪のニガテ野菜

最近トマトを見るたびに姪を思い出します。先日弟夫婦と食事会に行ったのですが、最近保育園に行っている姪がどうもトマトが苦手らしいということでした。ちょうどホテルのビュッフェでお店がイタリアンだったこともあり、サラダ—バーに色んな色のプチトマトがあったので試しに姪に見せてみましたが、小さくて丸いものはもうトマトと判断しているのかあまり興味を示しませんでした。1歳数か月なのにちょっぴり好き嫌いも出来たのね。弟がプチトマトを切って分からないように食べさせようとしましたが、手で種の中身を取って口の中に入れたのに取りだして弟に返していました。すっぱいものが苦手なようで、どうも食べたくないんでしょうね。生のが嫌なみたいで、お嫁さんが作ってくれたスパゲティーのソースのようなものは食べていました。それにしても大人でもハードルの高いブロッコリーをぐんぐん食べるのにトマトが苦手とは、可愛いものですね。食べるのはとっても大好きなようで成長はしてくれそうですが、大食いギャルにはならないようにね。ミュゼプラチナム 初めて

お酒くさいのって、意外と自分では気が付かないのかも

昨日、珍しくお母さんが外でお酒を飲んで帰って来ました。
普段は自分で車を運転して移動するということもあり、外食をしてきてもお酒を飲んでくるということは多くはありません。
それに、それほどお酒が強いわけでもないようで、家でお酒を飲んでも、すぐに寝てしまったりしてしまう始末です。
なので、お母さんにしてはとても珍しいことなのですが、どうやら親しい人の送別会があったようです。
まあ、送別会に参加したり、外でお酒を飲んでくること自体が悪いということはありません。
でも、お母さんが帰ってきた瞬間、「あ、お酒くさいな」と、思わず感じてしまいました。
自分ではあまり気がつかないのかもしれませんが、お酒を飲んでくると、やはりお酒のにおいというのはするものなんでしょうね。
そんなお母さんのことだから、それほどたくさん飲んできたわけではないと思うのに、それでも気がつくくらいのにおいでした。
私もときどきお酒を飲んでくることがあるのですが、その時はお酒くさいなと思われているのかもしれません。

インフルエンザ流行の季節になりましたが私には無縁の話。

この時期になると毎年インフルエンザ流行のニュースが流れ、日常生活でも話題に挙がってきます。このインフルエンザですが、45歳になる私には全く無縁の存在で、その辛さを話で聞いても申し訳ありませんが、実感が沸かないのが事実です。
周りは予防接種を打って対応している人も多いですが、私は打ったことがありません。3人家族で他の2人が発症してぐったりしている状態でも何故か私だけは発症はしませんでした。健康なことを喜ぶべきか、身体が鈍感なのか、周りから笑い話としてインフルエンザも寄り付かないと言われると嬉しいような悲しいような複雑な心境になってきます。
今年も、学級閉鎖になっている学校もあるらしく流行の兆しが見えてきました。これから先は、さらなる流行が予想されます。今年も予防接種は打っていませんが、1度ぐらいはインフルエンザの辛さを経験し、話題に共感できるようになった方が良いのかとも考えたりもしますが、やっぱり無縁で過ごしていける方がラッキーです。http://www.fndg.co/aiful/aiful-oyabare.html

やっぱり高級老人ホームに入ってみたくなる

この前放送された爆報ザ・フライデーで前にNHKの番組でも取り上げられた神奈川の高級老人ホームが取り上げられていました。
改めてみましたがやっぱりあの老人ホーム凄くいい!と思いました。
しかし入居するのに安くて3000万円、高い部屋だと8000万円掛かるとのこと。
更に月額15万円の費用が掛かるということで、ここに入居している人たちは一体今までどんな仕事をして来た人たちなのか気になります。
普通の人は絶対にいないでしょうし、これまでも裕福な生活をして来た人たちであることは間違いないと思います。
あそこは本当に天国だと思います。
ちゃんと自分の部屋にも万が一のブザーが沢山付いていますし、コンビニがあったり美容室があったり、あそこを最後の住みかにすることが出来たらどれだけ素晴らしいことでしょうか。
でも結局こういうところに入れるかどうかで貧富の差が生まれてしまうのは悲しいことです。
裕福な人は高級老人ホームで看取られながら亡くなって、貧しい人は簡易宿泊所などで火災に巻き込まれて亡くなってしまうなんてこともありますからね。
やはり裕福な人は羨ましいです。

年末年始は短い休みだけど楽しみたいです。

カニを食べたいです。
カニが売っているのを見ると年末だなと本当に思います。
年末はなんだか魚介類が増えるのは私の感覚だけではないのだろうなと思います。
クリスマスが肉系だから年末年始は魚介類になる傾向なのかなと思っています。
今年は立派なカニを買って実家に持って帰ります。今年の冬は本当にカニを見る機会が多いので今年の冬に一回は食べたいです。
カニの刺身を食べたいです。
とりあえず、お金を貯めていいカニを買おうと思います。年末年始くらい豪華な物が食べたいです。
雑煮も食べたいし、カニも食べたいし、来年のお正月はお正月を満喫したいです。
「のっぺ」というのものを食べたいです。おばあちゃんが新潟県出身なので作ったくれました。もう亡くなってしまいましたが、たまに食べたくなります。
お母さんにお願いしたいなと思ってしまいます。お正月を満喫するために準備をしたいなと思います。
見るテレビは紅白で、テレビ予約も入れておきたいなと思います。即日融資ランキングサイト

出来ればちゃんと舗装して欲しい砂利の駐車場

私の会社の駐車場は、コンクリートで舗装されていないのですが、個人的には舗装してもらいたいなと思っています。
確かに、車を停めるだけのスペースであれば、あえてお金をかけて舗装する必要はないのかもしれません。
お客様が車を停めるわけではなく、従業員専用の駐車場なので、見栄えがどうとかそういうことも気にする必要はないでしょう。
でも、建物を建てるわけではないので、基礎を組んだりする必要もないし、それほどお金がかかるわけでもないと思うんですよね。
なので、他に車を停めている人がどう思っているかはわかりませんが、出来ればしっかりと舗装してもらいたいというのが本音のところです。
というのも、砂利の駐車場だと、どうしても地面にでこぼこができてしまいますよね。
晴れている日は問題ないのですが、雨の日にはそうした窪みに水溜りができてしまい、泥水が溜まるようになってしまいます。
雨が止んだ後もすぐに水溜りの水が引くことはなくて、駐車場の出入りのときに水溜りの水を撥ねてしまい、ボディーに泥水がついてしまったりすることが多くあります。
私はそれほどこまめに洗車をするような性格ではないのですが、やはり泥水で車が汚れるというのは、あまり気分のいいものではありません。

岡田有希子のカヴァーには批判的なコメントが沢山

サンミュージックの所属アイドルが亡くなった先輩である岡田有希子さんのくちびるネットワークをカバーしているそうです。
そのアイドルはさんみゅ〜というらしく、Youtubeで宣伝されていたので聴いてみました。
そしたらコメント欄には結構批判的なことを書いている人が多かったですね。
彼女達の歌声は安く聞こえて心に響かないとか、ユッコの曲を汚すのはやめて欲しいとかそんな感じのコメントです。
正直私もこのカヴァーを聞いた時にこれはないなと思いました。
アイドルたちが頑張って歌っているのは分かるのですが、歌唱力もユッコの方が断然上ですし、心に響くものがありません。
それに思うの ですが、ユッコはソロアーティストなのです。
最近は団体じゃないと行動できないの?と言いたくなるくらいにグループで活動するアイドルが増えました。
もしカヴァーをするなら団体で出て来るのではなくてソロでやって欲しいです。
けどユッコの名曲を今の若い子達が受け継いでくれるのは決して悪いことではありません。
いい曲が若い子達にも知って貰えるのは嬉しいことですから。

鳥インフルエンザの影響で近所に住んでいたフクロウが姿を消した

昨年末に、隣町の養鶏場で鳥インフルエンザが大流行し、数十万羽の殺処分が行われました。
私は、その養鶏場から車で15分ほどの場所に住んでいるので、のどかな田舎の風景に白い防護服の人たちが昼夜問わず養鶏場を出入りしている姿を見かけました。
道路の閉鎖も行っていたので地元の警察官も交通整備をしており、日常からかけ離れた状態でした。
自然豊かな地域なので野生動物も多く、私の家から1.5キロくらいのところにフクロウの夫婦が巣を作って毎年子育てをしていました。
家のすぐ近くにはトンビも夫婦で住んでいて毎年子供を育てています。
庭の木をつつくアカゲラもオールシーズン住んでいます。
ところが、年が明けた頃から、フクロウの夫婦だけ見なくなりました。
長いこと同じ場所で巣を作って暮らしていたので、冬になって急に引っ越すとは考えにくいので、もしかしたら鳥インフルエンザの影響を受けたのではないかと思っています。
非常に残念です。
毎年巣立っていった子供たちが、近所の森に帰って来てくれないかと願っています。キャッシングスピード