節分の福豆・ちゃんと食べればアンチエイジング

節分の前にスーパーで購入した福豆が個包装でのこっていて、午後のおやつにぽりぽりと食べています。小さい袋には大豆のお豆が10数個か20個くらい、大袋一つで200円くらいだったので野菜とか乳製品と一緒に買いました。現代風の福豆は製造方法がよいらしく、豆の一粒ずつは器量のよい姿、ぽりぽりという感じで食べるので顎と頬にもいいという食品です。晩酌をする人ならばお豆はよいもの、カシューナッツとかそら豆みたいな感覚でビールとか日本酒もいい味。グルメの時代はお肉とかおやつでも柔らかい食品あり、古風なお煎餅とか固い傾向の物を好むのは少数ですが、ちゃんと噛んで食べるとフェイスラインも下がらずアンチエイジングです。スキンケアは毎日ですが、顔の筋肉は考えたことがなかったなと思います。日本古来からの節分はその意味でもよい季節行事、ふんわりのお菓子とか柔らかいお肉もいいけれど、顔の雰囲気は日常の生活習慣で作るもの、お豆を食べながら咀嚼力をアップできればいいな。妊娠初期 サプリメント おすすめ