保護者の方ができる、乳歯の虫歯予防方法と対策

保護者の皆さんにとって、お子様の成長と共に避けて通れないのが「歯や歯並び」についての問題ではないでしょうか?
「まだ乳歯のうちは永久歯に生え変わるんだし、とくに手入れしなくても大丈夫だよね」っていう認識は間違ってもしないでくださいね。
乳歯の虫歯は、永久歯の歯質にも大きく影響してしまうのをご存知でしたか?
(いったいどうやって虫歯予防したらいいのか分からない)という方も、このポイントを
覚えておけば大丈夫です。
決して難しいことではありません。
1.歯磨きを忘れずに
どうしても嫌がるお子様も多く、ついつい根負けして磨くのを諦めた経験がある保護者の方も多いと思います。
毎回毎回丁寧に磨こうとしても、なかなかやらせてくれない!っていう方は、虫歯になりやすい部分をしっかり磨いてください。
歯と歯の間や、噛み合わせの部分の溝などが
比較的虫歯になりやすい部分です。
2.フッ素で虫歯予防
「フッ素」…皆さん、一度は見聞きしたことのある単語だと思いますが、具体的にどんなものか、どういう方法があるのか、いまいち分からない、という方もいらっしゃると思います。
このフッ素は、虫歯予防のためには有効な方法です。
乳歯は永久歯と比べてエナメル質が薄く、歯質が弱いので、この弱いエナメル質を強くするためのものです。
方法としては「フッ素入り歯磨き粉」「フッ素ジェル」「洗口剤」などがあります。
3.歯科医院で予防する
「どうしても上手くやれない!」っていう保護者の方もいると思います。
そのような場合は、歯科医院でも対応してもらえます。フッ素塗布は数ヶ月おきに継続することで効果が保たれます。
フッ素の他に「シーラント」という、奥歯の溝に薄くプラスチックを充填する方法もあります。歯科医師とよく相談して、お子様に有効な予防方法を見つけてあげてください。お金の借り方